ネコも怖がらない

Just another WordPress site

ネコも怖がらない

それは、それとして、工業団地以外の造成地は農地となったが、実際は国の補助金があるので、生産のための農業にはほとんど使われおらず、コスモスが植えられたりしている。

昼過ぎにそこを通りかかったとき、台風が近付いている雲が見渡せた。
よしっ、この雲を写そうと、横道に入ったところ、すっとぼけた表情のカカシが立っていた。
こんな表情では、スズメもカラスも脅すことは不可能だ。
ネコも怖がらないと思った。

それにしても、巨額の費用で造成した農地がコスモス園となり、セイタカアワダチソウまで生えている。

集めた税金を返さないために、なんとか無理やり使う政治を見直すために、民主党に託したが、かえって景気停滞、この国の財政は無駄使いの上に成り立ってる見本は各地にあるのだろう。

今回は自宅付近から見えるのか、ということである。

自宅は知多市で名古屋市中心部から約30Kmで、北の空を見るとほんとうに明るい。
知多半島の先端部の師崎は名古屋から約60Kmだが、北の空は明るい。
都会の明るさは広範囲に及んでいる。

そういう明るい知多市で天の川は見えるのか?
これまで、何度か挑戦したが、夜空が明るく写るだけだった。

きょうの夕方の空をみて、もしかして、という気がしたので、月が出る前に写してみた。

結果は、写った。
肉眼では見えない天の川が写っていた。