あどけない 空の話である

Just another WordPress site

あどけない 空の話である

その昔,とあるアニメサークルに所属してた.そのサークルは水曜日の夕方に例会をやってた.うる星やつらの放映が水曜の午後7時半からだったので,メンバーの人たちは当時のベータのビデオに録画予約して出て来てた.

その日は,天気は良かったがとても風の強い日だった.隅田川の花火大会がテレビ中継されるので,その日のうる星やつらの放送は1週間延期されることになってて,みんな録画予約はしてなかった.
ところが,自分がふと,「この風じゃ花火大会は無理じゃないですか」ってつぶやいたら,みんなの表情がみるみる変わって録画をしかけに飛び出してったので,その日の例会はそのまま中止になった.

あどけない 空の話である

あんた自身はどうしてたんだって,そもそもビデオデッキを持ってなかったのだ.アニメは作るもので見るものじゃないって考えだった.今から考えれば,そのへんが根本的にずれてたんだと思う.

ともあれ,今でも多くの人がラムちゃんに強い思い入れを持ってるんだってことがわかった.

「うる星やつら」ラムちゃん新作フィギュア……今風アレンジに賛否両論