マクロで考えた場合

Just another WordPress site

マクロで考えた場合

昨今、反韓嫌韓ヘイトスピーチなんぞと騒がれ、韓国差別だとかなんとかで左翼がいい気になって発言しているが、

人間以下の行いしか出来ない輩と何 故仲良くならなければならないのか解らない。韓国国民にもまともな人がいる、在日にもいい奴はいる、それは関係無い。
国というマクロで考えた場合、国交を 保つのが困難な国であるというのは、既に証明され尽くしてきたではないか。
それを人種差別問題だというのなら、なんと人間離れしたマインドをお持ちなのか と仰天してしまう。 今後の展開として、まあ何らかの名目で日本に金をたかるのは想定内としても、朴槿恵の指揮能力の低さ、事故対応の不味さでひと波乱起きるだろう。
現在においても韓国内ではいろんな火種がくすぶっている。朴槿恵政権は急速なレームダックに陥っていく可能性は大きい。反日活動も限界だし、打てる手は李 明博の竹島上陸を超える対馬上陸くらいしかないのではないか?いずれにせよ、誤魔化すために反日活動を強めるのは大いに考えられる。