イメージ 積立金

Just another WordPress site

イメージ 積立金

年金の総支給額を決めて、受給者に配分する制度にしたら、どうだろうか?
平成22年度  年金収支は、約6兆円の赤字で税収から補填したらしい

(支給総額と収入額(積立金)を比較すると約10兆円の赤字) これから、益々 赤字幅は増加すると思われる.
下記のような仕組みを提案します 闇金相談 福岡
A. 積立金の総額    
B. 消費税収入総額の50% + 所得税収入総額の10% + 法人税収入総額の10%  
(パーセンテージは、制度を説明する為に適当に決めたモノで実際には精査する必要が当然ある) A+B総額を受給者に配分する。
というイメージ 積立金は収入により異なるので、全員に同額配分するのでなく、幾つかのグループに分け、 現役時代に納付した総額が多いグループに属した人ほど、多く受給出来る ギリギリで一つ上のグループに入れなかった人、等への救済として、自ら追加納付する事も可 という案です つまり、積立金により受給額が決まるのでなく、その年の状況により毎年受給額が変動する。という事 これなら、年金制度破綻の心配は、なくなる と思う