山の手方言の典型

Just another WordPress site

山の手方言の典型

100年前のアイヌみたいな人は、釧路、根室地方に行くとごく普通にいっぱいいますよ。
ペカンペとかグスベリ、アイヌねぎを我々 日本人に売って生計をたててますから。

アイヌと日本人の混血は美女が多いですね。スリムで毛が薄くなり彫が深いのに色白で。

○○かしら?良く西日本出身者に、この東京方言を男が使うのは気持ち悪いと言われるけど元々”か知らん”が詰まった言葉で、山の手方言の典型だよ。  
のびたも、大阪出身の手塚治虫もこの言葉を使っている。関西出身者も使う人あり。
彼は色々な面で凄い。  古くは漱石、太宰、芥川が小説で使っている上品な言葉であり、悪いが関西弁の”○○やん。””○○やんけ”と違い、上品な方言なのだが、使いこなせる人が少な不倫調査 山形くなった。大阪方面の男性回答者です。 東京方面の男性が使うのを、昔聞いたことがあります。
東京在住者だった太宰治、また評論家の吉田秀和氏も使っています。 私には、「~かしら」を使う男性は、上流階級及び伝統芸能の世界に属する人達だ、という認識がありましたが、使用者を括る何かの条件があるはずだ、とは思います。