この先何歳まで

Just another WordPress site

この先何歳まで

80歳からの給付開始なら廃止もあり得るが、70歳からの給付開始ならまだ『この先何歳まで生きるかわからないという不安』によって、

終身にわ たって死ぬまで支給される年金(民間の金融商品では国民年金基金など公的な基金を除いて死ぬまで支払われるタイプは少ない)の魅力は強いからである。
日本の高齢者の人口比率が高い状況では、 交通事故治療 埼玉民主主義的な意思決定によって『年金廃止・年金制度の根本的改革』を実行することは不可能である、なぜな ら今受け取っている層と後5年程度で給付が開始される層(今まで長期間にわたって納めてゴールが見え始めた層)はまずそういったラディカルな年金改革には 賛同しないからである。
高齢者を現役層が支える賦課方式の公的年金は『若年層の人口比率が高い(女性特殊出産率が高い)途上国型の人口動態』にしか対応できない制度であることは古くから知られており、先進国の殆どが年金財政で行き詰まりに近づいている。