続けるほど

Just another WordPress site

続けるほど

なぜ人間が違法薬物を摂取すると薬に溺れるのかの答えは、単純に言えば『脳の報酬系のダイレクトな刺激(ドーパミンやエンドルフィンの大量分 泌)』は、

食欲や睡眠欲、性欲よりも強烈なものであり、動物であれば動物にとっては半ば自動的な生殖行為をやめてしまうほど(あるいは死ぬまで電流を流し 続けるほど)の快感だからである。
人間が薬で人間をやめてしまうとすれば、動物でさえ動物をやめてしまうほどの快感刺激の依存性を持っているのである。 よほど常人離れした精神力や治療環境がない限りは(苦しい離断症状もでる)、自力で薬物に条件づけされるとそれをやめるのは相当に難しい。
それは動物の脳が持つ『報酬系』というものが、本来は生理的欲求(本能)や生産的活動を動機づけする『裏の生理学的な仕組み』だからであり、薬物 使用というのは『実際の本能的欲求や生産活動を充足する行動』をすっ飛ばして、ダイレクトに脳に快感を与える有害な副作用の多い裏技(不正かつ危険な ショートカット)だからである。