十二指腸

Just another WordPress site

十二指腸

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を保有する精液や血液の他、腟分泌液や母乳といった様々な体液が、看病する人などの傷口や粘膜等に接触する事で、HIVに感染する危険性があります。
お酒に含まれるアルコールを無毒化する特徴があるナイアシンは、嫌な二日酔いに効果的な成分です。不快な宿酔の原因だといわれるエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の無毒化にも携わっています。
吐血と喀血は両方とも口腔からの出血ですが、喀血というのは喉から肺を通っている気道(きどう、呼吸器の一種)から出血することであり、吐血というのは十二指腸より上部にある消化管から血が出ることを示しています。
内臓脂肪の多い肥満があった上で、油脂の摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2〜3項目一致する状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼んでいるのです。
マスクが欠かせない花粉症とは、山林の杉や檜、松、ブタクサなどの草木の花粉が元凶となり、クシャミ・頭重感・微熱・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を発症させる病気だということは、今や常識となりました。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに替わり、2012年9月から原則無料で接種できる定期接種になり、集団接種ではなく小児科などで接種してもらう個別接種の形になっています。
ハーバード医科大学(HMS)の調べによると、通常のコーヒーと比較して1日2カップ以上デカフェのコーヒーに変えれば、恐ろしい直腸癌の発病リスクを半分以上も減少させることができたのだ。
70代以上のお年寄りや病気を患っている方などは、一際肺炎に罹患しやすくすぐには治りにくい傾向が見られるため、事前に予防する意識や迅速な処置が肝要なのです。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えてスモーキング・アルコールの常飲・肥満といった生活習慣の質が低下したこと、ストレスによって、こと日本人に増えつつある疾患だといえます。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、3〜4日くらいちゃんと服薬すれば、一般的にほとんどの患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、とはいえ食道の粘膜の炎症反応が癒えたとは断言できないので注意が必要です。
チェルノブイリ原発の事故のその後の追跡調査のデータでは、大人に比べて若い子どものほうが漏れた放射能の有害なダメージをよく受容することが判明しています。
「ストレス」というものは、「溜めてはいけない」「除去しなければいけない」と判断しがちですが、実を言うと、我々人は様々な種類のストレスを経験しているからこそ、生き続けることができています。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂質やコレステロールが多く蓄積した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、肝硬変や脳梗塞を筆頭にいろいろな疾患の誘因となる可能性があります。
20代、30代で更年期になるとしたら、医学的な言葉で表すとPOFという女性疾患に当てはまります(この国では40歳以下の比較的若い女性が閉経してしまう症状のことを「早発閉経(POF)」と定義しています)。
AEDとは医療資格を持たない一般の人でも利用できる医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスに応じて利用することで、心臓の心室細動に対しての処置の効き目をいかんなく発揮します。