自然な創造活動

Just another WordPress site

自然な創造活動

植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつのイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という化学物質について、肝臓から分泌される解毒酵素の自然な創造活動を促しているのではないかという事実関係が判明してきたのです。
エイズ(AIDS)はヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染により罹患するウイルス感染症の事であり、免疫不全に至り些細な細菌などによる日和見感染やがん等を複数併発する病状を指しています。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、正式には股部白癬と言われている、白癬菌というカビの一種が陰嚢、股部、臀部などの部分に何らかの理由で感染、定着してしまう感染症のことで俗に言う水虫のことなのです。
内臓脂肪型の肥満が確認されて、脂質過多(ししつかた)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2つ以上に当てはまるような事例を、メタボ(メタボリックシンドローム)と呼びます。
アルコール、薬、増粘剤を始めとした食品の添加物などを酵素により分解して無毒化する活動を解毒といい、肝臓の果たしている大切な職責のひとつであることは間違いありません。
「時間がない」「粘着質ないろんな人間関係が嫌」「テクノロジーやインフォメーションのハイレベルな進歩になかなか追いつけない」など、ストレスを感じやすい素因はみんな異なります。
アルコールを分解するという特徴があるナイアシンは、苦しい二日酔いに極めて効果的です。苦しい二日酔いの主因物質といわれる酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という化学物質の分解に関係しているのです。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変化がないのに、体重だけが飲食や排尿などによって短時間で増減するようなケースでは、体重が増えた人は体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減ったら体脂肪率が上昇するのです。
子供の耳管の特徴は、大人と比較して太目で短い形であり、加えて水平に近いため、黴菌が進入しやすくなっています。子どもが急性中耳炎を発症しやすいのは、この事が関係しています。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は就寝中ではない覚醒状態で生命活動を保つ(鼓動、口からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋緊張の保持等)ために必要となる理論上のエネルギー消費量のことを指すのです。
世界保健機関は、有害なUV-Aのデタラメな浴び過ぎは皮膚病を誘引するとして、19歳未満の人が肌を黒くする日焼けサロンを使うことの禁止を強く勧告中です。
スギ花粉症などの病状(鼻水、鼻詰まり、連発するクシャミなど)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、そのために睡眠不足の状態に陥り、翌日起きてからの業務内容に思わしくないダメージを及ぼすことがあります。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、一番多い中耳炎で小さな子供に多く起こる病気です。激しい耳痛や熱、ひどい鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などが起こるのです。
70才以上の高齢者や持病のある人などは、目立って肺炎を発症しやすくなかなか治らないデータがあるため、予防策の徹底や早めの処置が必要になります。
20〜30才代で更年期が来たとすれば、医学的な言葉で表すと「早発閉経(そうはつへいけい)」という女性疾患を指します(日本においては40才未満の女の人が閉経することを「早発閉経(POF)」と言っています)。