場所

Just another WordPress site

場所

インキンタムシというのは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と呼んでおり、白癬菌というカビが陰嚢(いんのう)や股部、尻などの場所にうつり、棲みついてしまう病気のことで俗に言う水虫のことなのです。
トコトリエノールの機能としては酸化を防ぐ作用がおそらく一番知られていると思いますが、これ以外にも肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの生産を抑制したりすることが確認されています。
くしゃみや鼻水、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロする感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーの誘因である花粉の飛び散っている量に比例するように悪くなる特性があるようです。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことや煙草を飲む事・嗜好品・肥満等のライフスタイルの変化、ストレスによって、ことさら日本人に多く発症している疾患の一種です。
「肝機能の減衰」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3種類の数値で分かりますが、近頃肝機能が衰えている人が微増しているということが危険視されています。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つであるイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の物質について、肝臓の持つ解毒酵素の正常な創造活動を助けているのではないかという新たな事実関係が判明しました。
インフルエンザ(流感)に対応している予防テクニックや治療法といった原則的な対処策というものは、季節性のインフルエンザであっても新型インフルエンザでもほとんど同じです。
体脂肪量(somatic fat volume)にはさして変動がなく、体重が飲み食いや排尿等で短時間で増減する際は、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage)は下がり、体重が減った方は体脂肪率が上がることがわかっています。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、3〜4日くらいちゃんと服薬すれば、一般にほとんどの患者さんの自覚症状はゼロになりますが、かといって食道の粘膜の炎症反応が全快したとは言い切れないので留意してください。
男性の生殖器である前立腺はその成長や働きにアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても大きく関連していて、前立腺に発現したガンも同じように、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンに刺激されて大きく成長してしまいます。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、一番代表的な中耳炎で小さな子どもに多く起こる病気です。耳の痛みや38℃以上の高熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などの多様な症状が現れるのです。
500以上もの働きを持つ肝臓に中性脂質やコレステロールが多く付着した脂肪肝という病気は、動脈硬化や糖尿病を代表とする色々なトラブルを誘引する恐れがあることをご存知でしょうか。
吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口から血を吐くことですが、喀血は咽頭から肺に達している気道(きどう、呼吸器)から血が出る症状で、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)より上部にある食道などの消化管から血が出る症状を指しているのです。
AED(Automated External Defibrillator)は医療資格を保持していない一般の人でも扱える医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスに従って手当することで、心臓が細かく震える心室細動に対する処置の効果を与えます。
ともすると「ストレス」というのは、「溜めないようにするもの」「除外すべきもの」ものと思いがちですが、実を言えば、人間は多種多様なストレスを体験するからこそ、生き続けることに耐えられるようになっています。