中耳

Just another WordPress site

中耳

ヒトの耳の構造は、外側から順番に「外耳」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に区別されますが、中耳の部分に黴菌やウィルスが付着して炎症ができたり、体液が溜まる病気を中耳炎と呼ぶのです。
めまいは出ないのに、辛い耳鳴りと低音域の難聴を複数回発症するケースを区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断するようなケースがよくあります。
心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管の内側が細くなってしまい、血流が途絶えて、栄養や酸素を心筋に送ることができず、筋細胞そのものが死ぬ恐ろしい病気です。
脳内にある5-HT神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みの鎮静、色々な覚醒現象などを支配しており、大うつ病の人はその動きが弱いことが分かっているのだ。
エイズウイルス、すなわちHIVを持っている精液や血液のほか、母乳、腟分泌液等の様々な体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜等に触れると、感染する危険性が出てくるのです。
インフルエンザ(流感)に適している予防テクニックや治療方針を含めた原則施される対策そのものは、季節性のインフルエンザであっても未知なる新型インフルエンザでも変わらないのです。
紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを促進するという性能で知られていて、血液中の濃度をコントロールして筋繊維の動き方を適切に調整したり、骨を作ったりしてくれます。
暗い場所だと光量が不足してものが見えにくくなりますが、より瞳孔が開くので、目のピントを合わせるのに不必要なパワーが使用されてしまい、結果的に光の入る場所で物を見るより疲れやすいです。
薬、アルコール、合成発色剤を始めとした食品への添加物等を酵素により分解して無毒化する働きを解毒と呼んでおり、肝臓が果たしている主要な機能のひとつなのです。
環状紅斑は環状、要するに円い形をした紅っぽい発疹や湿疹など、皮ふの病気の総合的な名前ですが、その原因はまったくもって多種多彩だといえるでしょう。
耳鳴りには種類があり、当事者にしか感じられないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血液が流れる音のように本人以外の人にも精度の高いマイクロホンを使用してみると聞けるらしい「他覚的耳鳴り」があるのです。
脚気の症状としては、主に両手両足がジンジンと痺れたり下肢の著しいむくみなどが目立ち、症状が進行してしまうと、残念なことに、心不全を誘引することがあるそうです。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を保持しない一般人でも利用できる医療機器で、AED本体からの音声ガイダンスの指示通りに扱うことで、心室細動に対しての治療の効き目をみせてくれます。
内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは言われなかったとしても、臓器の脂肪が多く付きやすい型の肥満症になってしまうことに縁り、深刻な生活習慣病を招く可能性が高まります。
腹部の右上にある肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが溜まった状態の脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化や肝硬変を筆頭に多種多様な病気の素因となる可能性があります。